イワショウブ

剣岳の花-イワショウブ

【撮影地】
1,950m

【季節】
8月

 山は、お盆になると咲き誇っていた花達も一つまた一つとその数を減らす。頬を撫でる風も冷たくなり秋の気配が静かに漂よって来る。
その頃、夏山の終焉を告げるかの様にイワショウブは花を咲かせる。穂状の白い花には気品があり、何処となく大人っぽい雰囲気を受ける。そして、この花の蜜に誘われてコヒョウモンチョウが盛んに吸蜜に訪れる。
イワショウブは他に紛らわしい花は無く一見してそれと判る。決定的特徴として茎の上部に腺毛があり、それに触ると粘着性がある。小さな昆虫がくっ付くのでムシトリグサの別名もある。
キンコウカと同様、向陽地の湿地を好み時に大きな群落を作る。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA