シコタンソウ

剣岳の花-シコタンソウ

【撮影地】
シシ頭 2,900m

【季節】
8月

 初めて出会ったのが、2,900mの”シシ頭”の岩場である。
鎖場が始まるところから”カニのハサミ”にかけて、同じ仲間(ユキノシタ科)の”クモナグサ”と共にクッション状となってポツリポツリと見られる。5枚の白い花弁に黄色い斑点が多くあり、全体的にクリーム色に見える。その他にも、三の窓、別山尾根、それに雄山の三の越付近に見られ、この高度の岩場を凝らして見れば意外と出会うことが多いように思われる。
北海道北部から北極圏にかけて、平地、及び、海岸線までよく見られるコスモポリタンな植物だそうだ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA