アオノツガザクラ

剣岳の花-アオノツガザクラ

【撮影地】
エボシイワ 2,700m

【季節】
7月

 スズランの様な花が特徴で、おちょぼ口の親しみのあるポピュラーな高山植物のの一つだ。
もっと花冠を開けばと思うがこの状態で満開だ!、なぜだろうか・・・・・・・!?
その狭い”おちょぼ口”から、花粉を運ぶ媒体者の昆虫達が忙しく出入りしている。受粉すると下に向いていた花冠が頭を上に向けて背伸びをするように真っ直ぐ空に突き出し、その先に子孫を残す果実を付ける。
なぜ、空に向けて背伸びをするのだるか?・・・・それは、子孫を他の場所に散布するためで少しでも遠くへ種子を飛ばす努力をしているのだそうだ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA