イワオトギリ

剣岳の花-イワオトギリ

【撮影地】
2,400m

【季節】
8月

兄が、「密薬の情報を他言した理由で弟を殺した!・・・葉の縁に付いている黒点はその時の、弟の血が飛び散った血痕だ・・・!」。何とも残酷な”オトギリソウ”の名前の由来だ!
この話では、鷹師がこの草で傷ついた鷹の傷薬として使っている。そして、この薬草が「重大な秘密」であったらしい。そんな薬草ごときで何も弟を殺さなくても・・・・!!他にもっと重大な理由があったのだろうと、つい真面目に考え込んでしまった。
黄色い5弁の花びらを反らし、沢山のシベを空に突き出した姿が開放的で元気が出る。しかし、この話を聞いてからは赤い蕾が鮮血のようでなんだか不気味に見えて来た。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA