ハクサンシャクナゲ

剣岳の花-ハクサンシャクナゲ

【撮影地】
2,200m

【季節】
8月

 シャクナゲは園芸として各家々によく植えられいる。実家にもあったので山登りを始める前からよく知っていた。
この尾根にあるのは二種類、標高2,500mほどを境に上部がキバナシャクナゲ、下部がこのハクサンシャクナゲと生息を分けている。
このシャクナゲは、丈が大きな物でも1m前後だが、以前、ヒマヤラに行った際に背丈が10m以上に、太さが一抱えもある”ラリグラス”と呼ばれているシャクナゲに出会い頗る驚いた。そして、ポーターがその枝を払って焚き火にしていたのをよく覚えている。それもそのはず、後日知ったが、このシャクナゲはヒマラヤ地方が原産地だそうだ!。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA